吉田神社の節分祭り

もう2月になりましたね。今日はこの冬一番の寒さ!最高気温1度、最低気温-1度だそうです(涙)。


Setsubun festival at Yoshida Shrine – 吉田神社節分祭 / 

さて、この毎年寒い時期、節分の当日2月3日をはさんで前後3日間、京都・左京区にある吉田神社では、節分祭りが行われます。この3日間を通して毎年50万人もの人が参拝するというこのお祭り、とても有名なものは午前8時と午後6時、そして午後11時となんとも変わった時間に執り行われるそうです。夕方はほんっとにすごい人なので、気をつけてお参りしてきてくださいね。

吉田神社の節分祭りって何があるの?

 2月2日(木)8:00 節分前日祭、引き続き、疫神祭(えきじんさい)
 2月2日(木)18:00 追儺式(ついなしき)
 2月3日(金) 節分大祭
 2月3日(金)23:00 火炉祭お札焼き(かろさい)
 2月4日(土) 節分後日祭

疫神祭は疫神を鎮めるためのお祭りです。

追儺式(鬼やらい)は、平安朝の初期より毎年宮中にて執行されていたものを、古式に則って厳修に伝承・継承されており、古の趣を現在に伝える数少ない神事で、仮面をつけた大舎人が、鬼をおいはらう様子が見られます。 

火炉祭は、本社の三ノ鳥居前に直径5m高さ5mもの巨大な八角柱型の火炉を浄火より点じ焚きあげられる神事で参拝者はその火の粉が無病息災をもたらし新春の幸福を授けると言われているそうです。

抽選券つきの福豆がおもしろい

変わっているのがこの福豆の販売。抽選券付厄除け福豆という名前で売られていて、後日抽選が行われ結構いい商品が当たるというものです。毎年車も景品に出るなんてすごくないですか?。かなり豪華景品なので、当たればお得です。

今年は10万円旅行券や自動掃除機なんかが出されているようです。福豆はひとつ200円。

抽選は、2月4日午後1時より境内にて行われます。発表は5日から、境内他吉田神社公式HPや8日発行の京都新聞朝刊に出る予定です。引き換えは2月8日から20日まで神社内社務所にて。

他に有名なのが、800軒も出る屋台

節分祭りの期間中、ずっと出ているのがこの屋台。なんと800軒もあるそうです。屋台めぐりも楽しそうですねえ。

吉田神社の地図


大きな地図で見る

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ