下鴨神社の「京の流し雛」を見に行ってきました

とっても晴れて気持ちのいい3月3日ひなまつりの土曜日。近くの下鴨神社まで、ひなまつりのイベント、京の流し雛を見に行く&流し雛をするために子ども達3人連れて出かけてきました♪

糺の森(ただすのもり)にはこんな垂れ幕が。これからどんどん歩いていきます。

下鴨神社の入り口です。

もうすぐ到着。

10:20の受付開始に間に合うべく家を出発しましたが、到着はギリギリ☆なかなかの人出です。

今日の行事が描かれています。

「京の流しひな」の式次第です。

桟俵(さんだわら)の販売所ヨコにある看板です。

うーーん、やっぱり遅かった!10:25ではもう無料配布は終わっていました~。 

桟俵は小さいものが500円、大きいものが1000円します。うちは2人娘なので500円のを2つ購入しました。

さて、これが境内右手にある7段飾りのお雛様とツーショット撮影ができるところです。時間は10:30まで。ギリギリでなんとか撮影してもらえました。

ツーショット撮影会が終わると、今日のヒロイン、雌雛のお姫様が登場です。これから十二単、を公開で着付けしていきます。

どんどんいろんな色が重ねられていきます。

うわぎ、が着せられました。

十二単、完成です。娘たちは大興奮!

その後、流しびなの式典が境内右奥の御手洗川(みたらしがわ)で行われます。が、すでにすっごい人・人・人で、まったく見えません。カメラを上のほうで適当に撮ったら、京都のマスコットキャラクターの「たわわちゃん」が見えました。

しかたないので、一般ができる流しびなの12時まで遊んで待ちました。

これが、桟俵(さんたわら)の小さい方です。

一緒にひなあられが入っています。

この写真の奥のほうで、関係者による雛流しが順に行われているようです。

お姫様を見たい、たわわちゃんを見たい、と娘たちは言いますが、すごい人過ぎて見えません。

これがぎりぎり撮れたお姫様とお殿様の様子です。

京都は左にお姫様が、右手にお殿様がお座りになられます。全国的には右にお姫様、というのが多いので、ちょっと違和感を覚えられるかもしれませんね~。

ようやく12時を過ぎて、式典が終わったので、一般の雛流しが始まりました。ここでもすごい人過ぎて、流せる場所までいけそうにありません。

危なくなさそうなところでひそかに流します。

健やかに大きくなりますように。

ゆるやかに流れていきます。

たくさんのカメラが雛ながしを撮影してます。

風情がありますね。

ここが終点。川、というより細い池みたいな御手洗川です。

あたしたちのおひなさま、無事ここまで着いたかな?

帰りは、糺の森の散策路を通って帰りました。

木漏れ日がとってもきれいです。

おさかないるかなあ。

小川がなんともいいかんじ。

この道は、とってもいい腐葉土で、足の裏がふわふわした触感でとっても気持ちいいのでぜひぜひ歩いてみてくださいね。

橋が見えます。

夏には子どもが遊べるいい遊び場です。

キラキラ~♪

森の中にはトイレもあるので、子どもを遊ばせるのにも安心です。ともあれ、健やかに成長してほしいなあと願ったステキなひなまつりでした。 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年3月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント情報

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ