下鴨神社で流し雛を体験しませんか?

すこーしずつ気温が上がってきて、春の気配を感じるようになってきた今日この頃です。なんだかわくわくする季節ですね。

さて、そんな3月の3日は桃の節句、ひなまつりですが、ここ百万遍の近くのお出かけスポット下鴨神社では境内で「京の流しびな」の行事が行われます。今年はちょうど土曜日ですので、お出かけしやすいですね♪

「京の流しびな」@下鴨神社の概要

流しびなは、下鴨神社境内に流れる御手洗川(みたらしがわ)に、昨年買った桟俵(さんたわら)を流すことで子供のすこやかな成長を祈る節句の年中行事です。桟俵は和紙で着物を作り、顔は土を丸め胡粉を塗った素朴な人形(お雛様とお内裏様)がわらでくるまれているものです。

今年買った桟俵は、おうちに持って帰って一年間家に飾り、来年の3月3日に御手洗川に流します。当日買った雛を流すことも可能だそうです。

また、立派な7段飾りのお雛様との記念写真もとれますよ。

スケジュール

日程:平成24年3月3日(土)

受付開始は午前10:20分です。

場所は、下鴨神社境内 です。

~スケジュール~

午前10:20 受付開始 桟俵(さんたわら)先着100名さままで無料進呈 100名を超えると有料販売になります。

午前11:00過ぎ 流しびなの儀 式典が始まります。 まずは十二単の姫と殿が着座されます。

    ~

午後12:00ごろ 順に関係者が御祓いを受け、流しびなをしていきます。

午後12:00より 式典終了後、一般の方も桟俵のお雛様を流すことが出来ます。

毎年たくさん来られるので、午前10:00でもいっぱいかもしれません。のんびり式典が終わられるのを待って、12:00過ぎにみなさんが流されるお雛様を見に行かれるのも風情があっていい感じです。

ちなみにこの行事は、「京都の伝統行事」ではありません。京人形商工業協同組合というところの主催になります^^

雛人形の歴史(プチ知識)

昔は女の子が大事にされていたそうです。男の人が女の人のところに通う習慣があったことから、いいお婿さんを得るために女の子を大事に育てたそうで・・。そんな女の子の無事の成長を願い、また災厄を祓うために人形(ひとがた)を身代にして川や海に流す習慣から始まりました。

今では、女の子が生まれたら無事大きく育つことを願い、各家庭でお雛様のお人形を飾るお祭りとなりましたが、今でも各地に流し雛の風習は残っているそうです。今年はうちも、娘2人の成長を願い、がんばっていってこようと思います^^/

ひな祭り / tanakawho

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント情報

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ